AC-DC、DC-DCスイッチング電源メーカーのイーター電機工業、セミカスタム、カスタム対応の実績豊富

サポートHOME > サポート > 技術資料 > LFG端子とFG端子
LFG端子とFG端子
スイッチング電源の漏れ電流は、入力部に挿入されているコンデンサを経由し大地に流れます
複数台入力部を並列に接続した場合、漏れ電流が台数分増えることになります
漏れ電流の低減は、ノイズフィルタとの組み合わせで可能となります

▮ スイッチング電源の概要入力回路


漏れ電流の経路 入力電圧が印加されると、上図のC2,C3の中点よりLFG端子、FG端子を経て大地に漏れ電流が流れます

LFG端子について LFG端子は、コモンモードフィルタC2,C3の中点端子で、通常はFG端子とショ-トバ-にて接続されています
LFG端子のない製品では、LFG端子部相当の線が内部でFG端子に接続されています
▮ 応用
一つの装置に、電源を複数台使用する場合、入力~接地間の漏れ電流は電源の台数分となり増加します
この様な時は、LFG端子とFG端子を切り放し、漏れ電流が電源より流れないようにすることができます
しかし、コモンモードフィルタの役割がなくなりますので、出力リップルや帰還ノイズが大きくなってしまいます
この様な方法をとられる場合には、入力部前段に外付けでノイズフィルタを挿入してください