AC-DC、DC-DCスイッチング電源メーカーのイーター電機工業、セミカスタム、カスタム対応の実績豊富

サポートHOME > サポート > 技術資料 > スイッチング電源の回路方式
スイッチング電源の回路方式
a)チョッパ・レギュレータ 降圧チョッパ(高い電圧→低い電圧)
昇圧チョッパ(低い電圧→高い電圧)
入出力間が絶縁されていませんので、DC/DCコンバータに限られます 回路構成が簡単で小型化することができます。 b)フライバック・コンバータ
入出力が絶縁されていますので、AC/DCコンバータとDC/DCコンバータのどちらでも使えます。 自励式と他励式の両方ありますが、現在最も使用されている回路はRCC(Ringing Choke Convertor)です。
(自励式フライバック・コンバータ)
回路構成が簡単で小容量向きです。 発振周波数が入力電圧や負荷率により変化します。 過電流保護機能がフの字特性なので、定電流負荷や容量性負荷での使用はスムーズに起動しないケースがあり不向きです。 c)フォワード・コンバータ(二次側ダイオード整流)
入出力が絶縁されているので、AC/DCコンバータとDC/DCコンバータのどちらでも使えます。 他励式の為、制御ICを動作させる為に補助電源が必要となります。 発振周波数が入力電圧や負荷率により変化しなく固定です。 過電流保護機能が垂下特性なので、定電流負荷や容量性負荷でも正常に起動します。 c-1)二次側同期整流回路
ダイオード整流(上記c)より素子の損失が少なく効率が高くなります。