AC-DC、DC-DCスイッチング電源メーカーのイーター電機工業、セミカスタム、カスタム対応の実績豊富

サポートHOME > サポート > 技術資料 > 安全規格について
安全規格について
▮ 目的
人体に影響を及ぼすような感電・火災・傷害等から身を守ることを目的としています
▮ 種類
市場に流通している製品の安全性の基準を定めたものが安全規格です。 安全規格はそれぞれの国や地域で異なり、また、製品の用途によってもさまざまな規格があります。 弊社が主に取得している規格は以下があります。
国際規格:IEC(International Electrotechnical Commission) IECは、1906年に13ヶ国により発足しました。 IEC規格は、国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission:IEC)が制定する国際規格です。
北米:UL(Underwriter's Laboratolies Incorporated) ULは、1894年に米国の火災保険業者電気局として、創設された非営利試験機関です。 弊社が取得しているULの認証マークは2種類あり、最終製品に表示されるLISTEDマークと機器内蔵用部品に表示されるRecognizedマークがあります。
弊社での主な取得規格 UL60950-1(情報処理機器) UL508(産業用機器)
UL60950-1は弊社の取得安全規格の中で主要な規格でIEC60950-1規格と整合しており、相違は米国内の事情によるDeviation(差異部分)となります。 またCSA(カナダ)のCAN/CAS-C22.2 NO. 60950-1はUL規格とのBi-national規格となっており、UL、CSA共通規格になっています。
カナダ:CSA(Canadian Standards Association) CSAは、1919年にカナダ工学規格協会(Canadian Engineering Standards Association、CESA)として設立され、1944年に現在のカナダ規格協会(Canadian Standards Association)に改名されました。 現在弊社製品で単独でCSA認証を取得しているものはありません。 現在弊社ではULとともにCSA規格に適合し、製品にc-ULマークを表示しています。
欧州 SEMKO(Svenska Elektriska Materialkontroll Anstalten) SEMKOは、1925年にスウェーデン電力供給会社協会とスウェーデン火災保険協会によって設立されたもので、1935年に政府に公認されました。 VDE(VERBAND DEUTSCHER ELECTROTECHNISCHER e.V.) VDEは、1893年に結成されたドイツ電気技術者連合が主となって設立されました。 TÜV(Technischer-Überwachungs-Verein) TÜVは、1872年に民間の事業家たちによりエルバーフェルトとバルメン地域に設立された蒸気ボイラーの検査協会(DÜV: Dampfkessel-Uberwachungs-Verein)が母体となっています。 CE(Conformité Européenne) EU域内に商品を流通させるために必要となるマークです。 このCEマークを表示するためにはEUで定められた法律であるLow Voltage Directive(2014/35/EU)で要求される規格を満足していることが必要です。 弊社の場合、EN60950-1に満足していることが要求され、適合していることの証明としてTCF(Technical Construction File)を作成し、EN60950-1で評価されたCBレポートをエビデンスとして適合宣言を行っています。
日本 電気用品安全法別表第八(旧省令第1項)、別表第十二(旧省令第2項)(準拠) 日本で要求される規格で、別表第八(旧省令第1項)と別表第十二(旧省令第2項)があります。 別表第八は旧電気用品取締法がベースとなっており、IEC規格等には整合していない日本独自の規格です。 別表第十二は世界的なグローバル化の流れを受けて、IEC規格に整合する日本の規格です。 現在はどちらの規格を使用しても良いことになっています。 また、弊社の組込電源は電気用品安全法の対象外となっています。 しかし、お客様の製品が対象な場合、弊社の電源も電気用品安全法を満足する必要がありますので、そのまま申請しても問題なく電気用品安全法に対応できように製品対応しており、そのため準拠ということで謳っています。