AC-DC、DC-DCスイッチング電源メーカーのイーター電機工業、セミカスタム、カスタム対応の実績豊富

サポートHOME > サポート > 技術資料 > 使用上の注意
使用上の注意
弊社スイッチング電源のご使用に際しては、製品仕様書にて規定された電気的特性および各種ご使用条件の範囲内にてお使いください。
また使用する機器に実装された状態にて、実際の使用環境および条件での適合性を充分に評価され、ご判断くださいますようお願いいたします。
弊社は絶えず製品の品質と信頼性向上に努めておりますが、一般的にスイッチング電源には寿命が存在すると共に、故障の発生が絶無とはいえません。 
弊社スイッチング電源のご使用に際しては、当該寿命および故障の発生が結果として人身事故、火災事故、または多大な社会的損害を生じさせないよう、冗長設計、フェイルセーフ設計、フールプルーフ設計などの安全設計をお願いいたします。
弊社スイッチング電源は、一般的な電子機器(OA機器、通信機器、計測機器、事務機器、製造用産業機器など)への使用を意図して設計・製造されております。
極めて高度な品質および信頼性が要求され、故障や誤動作が直接または間接的に人命に関わる機器・装置(医療機器、自動車・列車・船舶・航空機などの輸送機器、原子力機器、交通信号機器、各種安全機器、軍用機器など)へのご使用を検討される際は、必ず事前に弊社営業窓口までご相談願います。
▮ 医療用電源(KMシリーズのみ)
本製品は、一般医療機器(クラスⅠ)での使用を前提として設計・生産されております。 本製品は精密機器のため、床への落下、強くぶつける、DC出力コードを強く引っ張るなどによる衝撃が加えられた場合は、外観に異常が認められない場合でもそのまま使用しないこと。 放射線機器、磁気共鳴画像診断装置(MRI)の管理区域内および高圧酸素療法室内へは持ち込まない、または使用しないこと。 また当該環境に本製品を誤って持ち込んだ場合は、直ちに使用を中止し、以降、使用しないこと。 本製品は気密構造ではないので、活性ガス(消毒用ガスも含む)環境やネブライザー等の噴霧を行っている環境や多湿環境等での使用、保管はしないこと。 可燃性麻酔ガスや高濃度酸素雰囲気内など引火性のある環境で使用、保管はしないこと。 本製品の周辺で電磁波を発生する機器(携帯電話、無線機器、電気メス、除細動器等)を使用する場合は、できるだけ離れた位置で使用すること。 また、これらの機器とは別系統の電源を使用すること。
▮ 作業される方について
製品仕様書、取扱説明書は、電源装置についての知識がある方を対象に書かれています。
本電源を使用した装置の操作、保守点検は、この取扱説明書を熟読し内容を理解した上で、保守責任者の指示に従って行なってください。
▮ 免責事項について
火災、地震、第三者による行為、その他の事故、使用者の故意または過失、誤用、その他異常な条件下での使用により生じた損害に関しては、弊社は一切責任を負いません。
本製品の使用又は使用不能から生ずる付随的な損害(事業利益の損失、事業の中断など)に関して、弊社は一切責任を負いません。
製品仕様書、取扱説明書で説明された以外の使い方によって生じた損害に関して、弊社は一切責任を負いません。
危険
 ●作業は元電源を切ってから行なうこと   配置、配線、点検、保守を行う場合には、必ず元電源を切ってから作業を行ってください。   不注意で元電源を入れてしまわないよう十分に注意してください。   感電による重大な事故や、ショートによる焼損、それによるやけど等の原因になる可能性があります。
警告
 ●電源電圧は規定通りであること   規定と異なる電圧が印加されると、重大な故障によってケガや火災となることがあります。
 ●アースを接続すること   アースを確実に接続してご使用ください。感電の原因になる恐れがあります。
注意
 ●分解禁止   電源装置内部には非常に高電圧、大電流の回路があります。   また電源を切断した状態でも、内部のコンデンサにエネルギーが残っていることがあります。   残存エネルギーでの、感電、ショートによる焼損の原因となる恐れがあります。
 ●通風を妨げないこと   電源装置の上下には電源冷却の妨げになるようなものや、可燃物を置かないようにしてください。   冷却を妨げると電源装置が過熱し故障の原因や寿命が短くなる恐れがあります。   また可燃物へ引火する等の重大な事故の原因となる恐れがあります。
 ●水など液体のかからない場所に設置する
 ●結露しているときは電源の投入はしないこと   電源装置には、水がかからないようにしてください。   また無通電で放置中に温度あるいは湿度の急変で結露が生じたときには完全に乾燥させてから電源を投入するようにしてください。   絶縁の劣化が発生し、故障の原因や最悪では感電の恐れもあります。
 ●異常を感じたらすぐに入力を切断すること   電源装置から、異臭、異音、発煙など異常な状態が生じたら、   直ちに入力を切断してください。放置すると火災など重大な事故に原因になる恐れがあります。