AC-DC、DC-DCスイッチング電源メーカーのイーター電機工業、セミカスタム、カスタム対応の実績豊富

サポートHOME > サポート > 技術資料 > 出力特性/定電圧精度
出力特性/定電圧精度
▮ 静的入力変動
入力電圧を規定の範囲内でゆっくり変化させたときの出力電圧の変動 例)静的入力変動:50[mV]max. (AC85~264[V])の場合、
  入力電圧をAC85[V]からAC264[V]までゆっくり変化させたとき、出力電圧の変動は50[mV]以内に収まるいうことです。
  入力電圧AC100[V]時に出力電圧が+5.050[V]でしたら、入力電圧AC200[V]のときの出力電圧は+5.000~
  +5.100[V]の範囲内になります。
この静的入力変動の値は小さければ小さいほど、入力電圧に対する出力電圧精度が高いといえます。
▮ 静的負荷変動
出力電流を規定の範囲内でゆっくり変化させたときの出力電圧の変動 例)静的負荷変動:100[mV]max.(負荷を零から定格まで変化させたとき)の場合、
  負荷を零から定格までゆっくり変化させたときの出力電圧の変動は±100[mV]以内に収まるということです。  
  負荷が零のときの出力電圧が+5.100[V]でしたら、負荷が定格のときの出力電圧は+5.000~+5.200[V]の
  範囲内になります。
この静的負荷変動の値は小さければ小さいほど、負荷に対する出力電圧精度が高いといえます。
▮ 周囲温度変動
規定の周囲温度範囲内の出力電圧の変動
▮ 経時ドリフト
入力を入れた後の規定時間(T1)から、次の規定時間(T2)までの出力電圧の変動
▮ 動的入力変動
入力電圧を規定の変化幅で急変させたときの出力電圧の変動 例)動的入力変動:150[mV]max.の場合
  入力をAC85VからAC132V、もしくはAC132VからAC85Vまで変化させたときの出力電圧の変動は
  ±150[mV]以内に収まるということです。
▮ 動的負荷変動
出力電流を規定の変化幅で急変させたときの出力電圧の変動 例)動的入力変動:150[mV]max.の場合
  負荷電流を定格の25%から75%、もしくは75%から25%まで変化させたときの出力電圧の変動は
  ±150[mV]以内に収まるということです。
▮ 回復時間
出力電流を規定の変化幅で急変させたとき、出力電圧が定常電圧に回復するまでの時間